幸せ研ニュース

ホーム > 幸せ研ニュース > 読書会・セミナー > 【音声講座受付中】第88回「幸せと経済と社会について考える読書会」 『サブスクリプション』を読む会

2019.04.26
定例読書会
現在募集中
音声講座

【音声講座受付中】第88回「幸せと経済と社会について考える読書会」

『サブスクリプション』を読む会

20190423.jpg【第88回】

日 時:2019年4月23日(火)


課題書:『サブスクリプション』

(著:ティエン・ツォ/ゲイブ・ワイザード

 


本読書会は音声と資料をご自身のパソコンにダウンロードしていただくことが可能です。

いつでもどこでも、ご自身のペースに応じて学んでみませんか。

ご希望の際は事務局までお申し込みください。


かねてから、「所有から利用へ」の価値観の切り替えが環境問題を解決する上で
大事です、と話をしてきました。自動車が1日に平均1時間しか使われていないと
したら、ひとりずつ自動車を所有するよりも、必要な時間だけ利用できるように
しておくほうが、費用もかからないし、環境負荷も下げられる、ということです。

近年カーシェアリングをはじめ、「所有から利用へ」の動きが広がってきました。
私たち生活者の関心が「所有」から「利用」へとシフトしていくのに対応して、
企業では新たなビジネスモデルにシフトしていく動きが出てきています。

その1つが、今回取り上げる「サブスクリプション」です。サブスクリプション
とは顧客がサービスや商品の利用期間に応じて料金を支払う方式をさします。

本書では、「サブスクリプションは単なる課金形態の変更ではなく、ビジネスモ
デルの変革である!」としています。どういう変革なのでしょうか? 実際にど
のような動きが出てきて、成果を上げているのでしょうか? 

新たなビジネスモデルが台頭し、市場に浸透していくスピードについていけない
企業は淘汰される可能性もあります。どんな企業でも、しっかり理解し、考えて
おく必要があります。

そして、私たち生活者はどのようにこのビジネスモデルのシフトを位置づけてい
けばよいのでしょうか。環境問題や社会問題の解決に役に立つのでしょうか。

「USAトゥデイ」「LAタイムズ」ベストセラーとなった本書を読みながら、一緒
に考えてみませんか。

枝廣淳子

P1080235.JPG

講師

枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長、大学院大学至善館教授)

 

本読書会はSDGsプランニングチーム「POZI」(株式会社東急エージェンシー内)との共催で開催しました

 

読書会参加者にいただいたコメント 

■対話を通じてビジネスに役立てたい

■新規事業創造を促す場でも紹介したい

■自社のビジネスモデルが環境負荷を下げているか? という視点に気づいた

■読んで分かった気になっていたが、改めて読書会というかたちで参加することで、全然分かっていなかったことを痛感しました。

■サブスクリプションについて知れるいい機会だった。応用の効くテーマだった。

 

お申し込みについて

■受講料

3,000円(税別)
※学生(除く企業の社会人学生)の方は1,500円(税別)です

■お送りするもの
・音声(MP3)
・講義資料(PDF)

※いずれもメールでダウンロードのご案内をさせていただきますので、インターネット環境をご準備ください。郵送でのお届けはございません。

■お申し込み方法
下記の項目をお書き添えのうえ、Inquiry@ishes.org まで、メールでご送信ください。

受付確認後、お振り込み口座をお知らせいたします。
入金確認をさせていただきましたら、ダウンロードのご案内をさせていただきます。
-----------------------------------------------
件名:第○回読書会の音声受講を申込みます
お名前:
メールアドレス:
お電話番号:
※学生受講の有無
-----------------------------------------------
【備考】
※お申し込み後、一週間たちましても返信が届かない場合は、インターネットの送受信にトラブルがあることも考えられますので、ご一報いただきますようお願い申し上げます。

 

これまで開催した読書会

こちらをご覧ください

 

お問い合わせ

幸せ経済社会研究所 (有限会社イーズ内)
Tel: 03-5846-9841  Fax: 03-5846-9665
E-mail: Inquiry@ishes.org

新着ニュース一覧

Page Top