幸せ研の活動について

発表論文一覧

発表年タイトル
2019年5月 定常経済への移行を推進する要素と阻む要素 : 実践者・生活者・経済学者への調査を通して
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:食生活科学・文化及び環境に関する研究助成研究紀要 (no.32) 187〜197ページ
2019年2月 幸福で持続可能な地域づくりとSDGs : 海士町の取り組みを事例に (特集 人口減少時代の"幸せ"な地域づくり)
著者名:枝廣 淳子, 新津 尚子
掲載誌:ガバナンス (no.214) 23〜25ページ
2019年 地元経済を創りなおす (特集 ポスト平成の羅針盤)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:季刊 企業経営 (no.145) 8〜11ページ
2018年11月 海洋プラスチック汚染とは何か (上) (下)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:世界 (no.914) 53〜61ページ(上)・世界 (no.915) 54〜65ページ(下)
2018年8月 自治体・地域の目線から見たSDGsを考える (特集 SDGs×自治体)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:ガバナンス (no.208) 23〜25ページ
2018年6月 Ama Town's Concept of Sufficiency and Message to the Worls "Nai-mono-wa-nai"
著者名:Junko Edahiro
学会発表スライド
2018年5月 脱成長・定常経済への移行の可能性 : 生活者の実践と意識に関する調査
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:食生活科学・文化及び環境に関する研究助成研究紀要 (no.31) 233〜241ページ
2018年 「幸せ実感日本一」を目指す水増集落 : 企業との協働がもたらしたもの
著者名:枝廣 淳子, 新津 尚子
掲載誌:東京都市大学横浜キャンパス紀要 = The journal of Environmental and Information Studies, Tokyo City University (no.5) 4〜10ページ
2017年6月 私たちの食べている卵と肉はどのようにつくられているか : 世界からおくれをとる日本 (前編) (後編)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:世界 (no.896), 213〜223ページ
2016年 社会を持続可能にするためのサーキュラー・エコノミー : 伝えること,つなげること (特集 3Rと資源効率)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:廃棄物資源循環学会誌 = Material cycles and waste management research 27 (no.4), 285〜289ページ
2015年12月 木質バイオマスで地方創生 : オーストリア「ギュッシング・モデル」とは何か (特集 気候変動 : 人類最大の脅威にどう立ち向かうか)
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:世界 (no.876), 99〜106ページ
2015年 経済成長の必要性と可能性に関するジレンマ 経済成長をめぐる意識調査から
著者名:枝廣 淳子
掲載誌:東京都市大学横浜キャンパス紀要 = The journal of Environmental and Information Studies, Tokyo City University (no.2), 21〜28ページ

Page Top