次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

「家を追われる」原因ナンバーワンは極端な気象現象

Photo by NaveenNkadalaveni Some Rights Reserved.
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bandipur_fires_2019.jpg

(オックスファムより)

オックスファムは2019年12月に『Forced from Home: Climate-fuelled displacement(仮題:家を追われるー気候により生じる避難』と題するレポートを発表しました。このレポートは、国内避難モニタリングセンター(Internal Displacement Monitoring Centre)のデータをオックスファムが分析したものです。

レポートによると、この10年間における国内避難の原因の第一位は、サイクロンや洪水、山火事など極端な気象現象によって引き起こされた災害でした。極端な気象現象によって、年間推計2,000万人以上が自宅から避難しています。これは地震や火山噴火の7倍、紛争よりも3倍多い数字です。避難民を出した気候関連の災害数も、この10年間で5倍に増えています。

最近では、オーストラリアの山火事とヨーロッパの洪水によって何千もの人々が避難民になるなど、豊かな国の人々もこうした災害からは逃れられません。しかし貧しい国の人々は、二酸化炭素排出量は少ないにもかかわらず、最も高いリスクにさらされています。

例えばキューバでは、2008年から2018年の間にハリケーンなどの極端な気象現象によって突然家を追われた人は、年平均で人口の4.8%に上りますが、一人あたりの排出量は国連加盟国中127番目です(極端な気象現象によって国内避難のリスクにさらされている国トップ10のうち7カ国は小島嶼国です)。さらに、エチオピアやソマリアなどでは、人々は気候危機だけではなく、紛争によっても避難民となるリスクを抱えています。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2020年1月27日(月) 
   18:30~
会場:東京都千代田区
●課題書
『行動経済学の使い方』(著:大竹文雄) 
定員:先着18名
過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

行動経済学の使い方 (岩波新書)
行動経済学の使い方 (岩波新書)

学ぶだけではもう足りない。研究と応用が進み、行動経済学はいまや「使う」段階に来ているのだ。本書では「ナッジ」の作り方を解説する。人間の行動特性をふまえ、自由な選...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top