次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

パリのすべての道路を2024年までに自転車に優しい道路に

Photo by Andrew Gook on Unsplash.
https://unsplash.com/@andrew_gook

(Eltisより)

2014年からパリ市長を務めるアンヌ・イダルゴ氏は、今年1月、再選に向けて「15分の街」計画を発表しました。これは2024年までに、パリを車なしでも誰もが家から15分で必要なものすべてにアクセスできる「人に優しい都市」にする計画です。

イダルゴ市長は、これまでにも自転車に優しい街づくりを目指していて、在任期間中に作成した「Plan Vélo」transport changesには、駐車場など自動車用スペースの撤去とサイクリストや歩行者用スペースの敷設が含まれていました。

今回の「15分の街」計画は、「Plan Vélo」transport changesを足掛かりに強化したもので、パリのすべての道路と橋に自転車専用道路を備えることが含まれています。サイクリストに優しい都市にするために必要なスペースは、自動車の往来を排除することで大部分が賄え、市は路上駐車場の72%を撤去する予定としています。

同計画は、ソルボンヌ大学でスマート・シティの研究をするカルロス・モレノ教授が提案した「セグメント(区分)化した都市」のアイデアに基づいており、パリの主要道路を自動車の往来なしに発展させることを目指しています。その中には、自動車渋滞がひどい交差点を歩行者天国に変えること、学校の隣に通学路を設けることなどが含まれています。

イダルゴ市長は、再選されれば駐車場スペースが花壇や野菜畑、運動場などに替わるとして、「人に優しい都市」の実現を約束しています。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2020年6月4日(木) 
   20:00~
※時間帯が異なりますのでご注意ください

会場:オンライン
●課題書
『感染症と私たちの歴史・これから』(著:飯島渉) 
定員:先着24名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

感染症と私たちの歴史・これから (清水書院)
感染症と私たちの歴史・これから (清水書院)

結核や天然痘、いくつかの寄生虫病やAIDSなどの感染症は、人類史の最も重要なアクターでした。私たちは、歴史を王権の推移や経済発展、また戦争などの事件から考えがち...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top