次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(地域経済戦略センターより)

英国マンチェスターのシンクタンク地域経済戦略センター(CLES: the Centre for Local Economic Strategies)は、2018年3月5日、「マンチェスター市の調達のお金の行き先」についての2016年度の調査結果を発表しました。

CLESとマンチェスター市は、2008年から市の調達に関する分析を行っています。CLESの代表のニール・マッキンロイ氏と副代表のマシュー・ジャクソン氏にインタビューしたところ、マンチェスター市では、調達先を決める際の評価を、価格40%、質40%、社会的評価20%で行うようになったそうです。その結果、企業の地元調達やインターンの受け入れ、ボランティア活動などが進むようになり、以下のような変化が生まれています。

  • マンチェスター市は、上位300の調達先に、4億4,560万ポンドを支払っています
  • マンチェスターを本拠地とする組織への支払いは、2008年度には51.5%だったのが、2016年度には71.7%まで増えました
  • 中小企業への支払いの割合は、2014年度は46.6%でしたが、2016年度は59.4%でした

上記の直接的な効果に加えて、以下のような間接的な効果もあります。

  • マンチェスターでの推定705のインターン
  • マンチェスターでの推定1,160の働き口

ジャクソン氏は、「お金の行き先を理解し、調達担当の職員の行動を変え、サプライチェーンに影響をあたえることを目指してきました。地域経済・社会・環境面でのより進展したアプローチが可能になっているのをみて、うれしく思います」と述べています。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
「不都合な真実2 放置された地球」4月11日(水)Blue-ray & DVDリリース!

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:5月31日(木) 18:30~

会場:東京都中央区東日本橋

●課題書図書
『社会的連帯経済入門』(著:廣田裕之)

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

社会的連帯経済入門 みんなが幸せに生活できる経済システムとは(集広舎)
社会的連帯経済入門 みんなが幸せに生活できる経済システムとは(集広舎)

格差社会を乗り越える、新しい経済による可能性。社会的連帯経済は全世界で10億人が実践していると言われる。共産主義・資本主義・新自由主義・グローバリズムとは一線を...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top