次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

バーモント州政府より)

米国バーモント州は州のリサイクル法(ACT148)により、2020年7月1日から生ごみをごみ箱に捨てることを禁止しました。対象となる生ごみは、野菜や果物の皮や種、卵の殻、コーヒーカス、食べ残しなどで、政府のウェブサイトや各種サイトでは住民、企業、運搬業者に分けて詳しく処理方法などを紹介しています。

州のサイトより、住民の取り組み例をご紹介しましょう

生ごみの分別
容器(各家庭の分量などにより、蓋つきバケツや冷凍保存バッグなど適宜)に集めます。
生ごみや庭のごみはバーモント州の家庭ごみの30%を占め、レストランやカフェでは生ごみは一般ごみの半分以上になります。こうしたごみを埋立地行きから外すことで、埋立地のスペースが保たれます。また、これらが埋められれば腐敗過程で二酸化炭素より84倍強力なメタンガスが20年にわたり発生します。分別は温室効果ガスの排出削減にもつながり、重要な温暖化対策の1つとなります。

生ごみの堆肥化
容器に集めた生ごみは、自宅のコンポストに入れたり、持ち込み施設や道路脇集積所に持ち込んだり、運搬業者に取りにきてもらうことができます。完成した堆肥は庭や畑に使えます。

ウェブサイトでは、この他、台所でのごみを減らすヒントやコンポストの作り方、コンポストの知識を増やすトレーニングコースなども紹介しています。

まずは食品の無駄をなくすこと。そのためには「食べる分だけを買い、買った分は食べきること」としています。

※編集部注
日本ではゴミの焼却処分が一般的ですが、米国は国土が広いこともあり埋め立て処理が主流です。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2020年9月25日(金) 
   18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『脱プラスチックへの挑戦』(著:堅達京子)
定員:先着24名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

脱プラスチックへの挑戦(山と渓谷社)
脱プラスチックへの挑戦(山と渓谷社)

2050年、海の中のプラスチックごみの量は魚の量を超える!空気や水、食べ物にもマイクロプラスチックが含まれ、その脅威は私たちの暮らしに迫りくる。石油という化石燃...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top