イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ
次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

カナダ政府、使い捨てプラスチックの禁止規制を発表

Photo by Jasmin Sessler on Unsplash.
https://unsplash.com/photos/HfgMyrPrLxI

カナダ政府は2022年6月20日、使い捨てプラスチックの製造や販売、輸出入を禁止すると発表しました。カナダでは、毎年最大150億枚のプラスチック・レジ袋、毎日1600万本のプラスチック・ストローが使用されており、プラスチック廃棄物による環境や人体に対する影響への懸念が高まっています。

禁止の対象になるのは、レジ袋、カトラリー、リサイクル困難な食品容器、飲料缶携帯用リング、マドラー、ストロー(病気や介護などの理由で必要な場合は除く)の6種類。規制が施行される時期は一部を除き、製造と輸入は2022年12月、販売は2023年12月、輸出は2025年12月とし、輸出の禁止については、プラスチックを規制する国や地域の中で初めての措置だということです。

ジャン-イブ・デュクロ保健大臣は、「私たちは、環境の改善と同時に人々の健康を守ることに重点を置いている。プラスチックは大気や食料、飲料水を汚染することがあるとわかっている。......そのため環境を守るために思い切った対策を打ち出し、カナダ全土をよりきれいにし、より健康的なコミュニティをつくり上げていく」と抱負を語っています。

また、このプラスチック分野でのサーキュラーエコノミーへのさらなる移行により、2030年までに年間180万トンの炭素排出を削減し、数十億ドルの収益を生み出し、約4万2000人の雇用を創出しうると試算されました。

(佐々 とも)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

スペシャル版!
~ネガティブ・ケイパビリティを考えよう~
日時:2022年8月18日(木) 18:30~20:30
会場:オンライン

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

レジリエンス思考――変わりゆく環境と生きる   (みすず書房)
レジリエンス思考――変わりゆく環境と生きる (みすず書房)

景色が変貌してはじめて、私たちは問題に気づく。しかしそのずっと前から、生態系は「自己を維持する能力」を静かに失い始めている。意図しない環境変化のリスクを把握し、...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top