次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

EUにおける水産資源乱獲の実態

2019.05.17
日本  世界
EUにおける水産資源乱獲の実態

LANDING THE BLAME: OVERFISHING IN THE NORTHEAST ATLANTIC 2019
https://neweconomics.org/2019/02/landing-the-blame-overfishing-in-the-north-atlantic-2019

(ニュー・エコノミクス財団より)

2019年2月11日、英国のニュー・エコノミクス財団(NEF)は、欧州の漁業の実態を調査した報告書『LANDING THE BLAME: OVERFISHING IN THE NORTHEAST ATLANTIC 2019(仮訳:責任を釣り上げる――北東大西洋における水産資源の乱獲2019年版)』を発表しました。

毎年、農林水産大臣など各国の漁業部門の閣僚によって、国ごとの商業用漁業資源の漁獲可能量(TAC)が決められます。漁獲量に関しては、国際海洋開発理事会(International Council for the Exploration of the Sea:ICES)を中心とした科学機関が、漁業資源の状況について情報提供し、最大漁獲量の水準を提案しています。しかし、交渉が非公開であることから、こうした科学的助言は無視され乱獲が続いています。

同報告書がこれまで2001年から2018年における、EUの海域について合意されたTACを分析したところ、平均して3分の2が科学的助言に基づく水準を上回って設定されていたことがわかりました。

2019年のTACについては、55カ国のTACが助言を上回って設定されており、超過分の総量は31万2000トンに上ることが明らかになりました。北東大西洋諸国の中で、TACが科学的助言を超過している割合が高い上位3カ国は、スウェーデン、英国、アイルランドとなっています。超過している総量では、英国、デンマーク、アイルランドが上位3カ国を占め、こうした国々にはEUの持続可能な漁業への移行を妨げている責任があると言えます。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2019年6月10日(月) 18:30~

会場:東京都内

●課題書図書
『平成の通信簿 106のデータでみる30年』(著:吉野 太喜)

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

平成の通信簿 106のデータでみる30年 (文春新書)
平成の通信簿 106のデータでみる30年 (文春新書)

平成元年。消費税が施行され、衛星放送が始まり、日経平均株価は史上最高値をつけた。それから三十年、日本はどれくらい変わったのか?家計、医療費、海外旅行、体格、様々...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top