次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

クレディ・スイスのグローバル最高投資責任者が、ユニバーサル・ベーシックインカムを支持

Photo by Jason_kwok7837 Some Rights Reserved.
https://en.wikipedia.org/wiki/File:Sanbot_robot_production_lines.jpg

(ベーシックインカム世界ネットワークより)

ベーシックインカム世界ネットワークは2018年1月4日付の記事で、スイス第二の大手銀行クレディ・スイスのグローバル最高投資責任者(CIO)マイケル・ストロバーク氏が応じた社内報のインタビューを紹介しています。記事によるとストロバーク氏は、「技術の発展やオートメーション化、ロボット化によって職を失う何百万人の生活を救済することは不可欠であり、何らかのユニバーサル・ベーシックインカムを通じて救済すべきだ」と発言したとのことです。

同氏はユニバーサル・ベーシックインカムについて詳細は述べなかったものの、将来的な失業にとって必要なものと明言しています。しかし、こうした将来的な失業の可能性とオートメーション化との関連はまだ立証されていません。

誰がユニバーサル・ベーシックインカムを支払うか、という質問に対して同氏は、「納税者です。ビル・ゲイツは所得税やオートメーション化で失われる社会保障負担に代わるものとしてロボット税を提案しました。私たちの社会はこの問いに対する答えを見つけなくてはなりません」と答えています。また最大の課題は、賃金労働がほとんど消失した際に人が取る行動の可能性であるとし、「労働を取り巻く世界の構造は、個人的で自己選択的な構造に変わる必要があります。物質的な保障を得れば、人々は高齢者や子供のケアができるようになるでしょう」と述べました。しかし記事には、この発言や大家族の推奨、人口減少と社会保障システムの低下への懸念といった同氏の主張は、インタビュー中で擁護している仕事中心の論理と矛盾するように見えると書かれています。

米国人の半数は孤独を感じている

米国人の半数は孤独を感じている

2018.07.18
日本  世界
 
「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
「不都合な真実2 放置された地球」4月11日(水)Blue-ray & DVDリリース!

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:8月1日(水) 18:30~

会場:東京都中央区東日本橋

●課題書図書
『実践!行動経済学』(著:リチャード・セイラー、キャス・サンスティーン)

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

実践!行動経済学 (日経BP社)
実践!行動経済学 (日経BP社)

2017年ノーベル経済学賞受賞、リチャード・セイラー教授の代表作!  〝使える経済学〟の先端理論をやさしく解説。 ナッジ(Nudge)とは「ヒジで軽...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top