次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

「2018年版SDGsインデックス&ダッシュボード」が公開――日本は順位後退

2018 SDG Index and Dashboards
http://www.sdgindex.org/

(ベルテルスマン財団より)

ベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)は2018年7月に2018年度版「持続可能な開発目標(SDGs)インデックス&ダッシュボード」を公開しました。

「SDGsインデックス&ダッシュボード」は、SDGsの17の目標について各国の達成状況を世界銀行やFAO、ILOなどのデータをもとに分析したレポートで、2016年から発行しており今年で3回目となります。今回のレポートでは、国連に加盟している全193カ国を評価しています。

3回目となる今回は、SDGsの現時点での達成状況だけでなく、2015年のデータをベースとして2030年の期限に向けた各国の進捗スピードについても初めて分析しました。その結果、期限までに目標を達成できそうな国は1つもなく、上位の国々を含め、どの国もかなりのスピードアップが求められると警告しています。また、紛争のある国々は、特に貧困や飢餓をなくすといった目標で状況が後退したことや、先進国では「責任ある生産と消費」「海の豊かさ」などの目標で極めてスコアが低かったことを指摘しています。

今年もトップ3をスウェーデン(スコア100点満点中85.0点)、デンマーク(84.6点)、フィンランド(83.0点)と北欧諸国が占めました。日本は78.5点で15位となり、昨年の11位から順位を下げました。昨年同様、「質の高い教育」では高い評価を得ましたが、「ジェンダー平等」「気候変動対策」「パートナーシップ」などで大変低い評価となりました。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:8月29日(水) 18:30~

会場:東京都中央区東日本橋

●課題書図書
『水がなくなる日』(著:橋本淳司)

定員:先着25名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (幻冬舎)
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (幻冬舎)

「資本主義」を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か。2.0のサービスは、概念そのものを作り出そうとするものが多いので、既存の金融知識が豊富な人ほど理解に苦し...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top