次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

パリ五輪、循環型経済戦略の最初の成果を発表

Image by nicolas michaud Some Rights Reserved.
https://www.flickr.com/photos/eznix/37441521842

2024年3月18日、循環型経済戦略を掲げるパリ五輪組織委員会は、その最初の成果を発表しました。同戦略は、「大会をより少ない資源で企画する」「エコデザインを促進して資源を有効活用する」「大会後の資源のセカンドライフを確実にする」の3つの主要理念を基にしています。

また、本大会では五輪史上初めて、大会で使われる全資源の総重量などを表す「マテリアルフットプリント」を計算し、必要とされた資源の詳細なマップを会場ごとに作成しています。

「より少ない資源で企画する」の理念では、新たな建設を減らし使用する資源をより少なくするために、入札時に、会場施設の95%を既存のインフラや一時的な施設で活用することが提案されました。この理念は、40ほどの競技・非競技会場の内装デザインにも反映されています。備品などの必要性をできる限りふるいにかけ共用することで、備品の品目数を80万点から60万点にまで減らすことができました。

ケイタリング部門では、使い捨てプラスチックの、2012年ロンドン五輪比50%削減を約束しています。これは返却可能な容器や、リサイクル・リユース容器の使用で達成される見込みです。

サプライヤーの選定にあたっても、2019年に策定された「責任ある購買戦略」を適用し、循環型経済を柱の1つとしています。入札公募では製品やサービスにエコデザイン的アプローチを採用し、リサイクル素材や製造途中に出る端材など環境負荷の少ない原材料を使用しているといったサプライヤーを優先しています。

(有光圭子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう!

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2024年6月18日(火) 18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『レスポンシブル・カンパニーの未来』(著:ヴィンセント・スタンリー、イヴァン・シュイナード)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

スタンフォード大学 いのちと死の授業(講談社)
スタンフォード大学 いのちと死の授業(講談社)

全米を代表するエリート大学の学生たちが、死を身近に感じるレッスンを受けることで、自らも語り、そして変容し成長していく。実際の感動の授業を再現。著者はスタンフォー...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top