イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ
次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

2022年9月12日、国際労働機関(ILO)、国際人権団体ウォーク・フリー、国際移住機関(IOM)は報告書、『現代奴隷制の世界推計』を公表しました。同報告書が発行されるのは2017年以来5年ぶりです。

報告書によると、どの1日をみても、5,000万人もの人が自分の意思に反して働くことを強制されたり、結婚を強制させられたりしている「現代奴隷」の状況にあります。この数字は、世界の人口のおよそ150人に1人に相当します。

現代奴隷の問題は、貧しい国だけで生じているわけではありません。強制労働の半数以上は高中所得国または高所得国で発生しています。また、強制労働の地域ごとの人口比率をみると、アラブ諸国が人口千人あたり5.3人と最も多く、次いでヨーロッパ・中央アジアが4.4人、南北アメリカとアジア太平洋地域はともに3.5人、アフリカは2.9人と、世界中で強制労働が生じていました。強制結婚も26%が高所得国と中高所得者国で生じています。

現代奴隷の被害を受けているのは、貧困層や社会的に排除された人々、インフォーマル経済の労働者、非正規労働者や保護されていない移住労働者、差別を受けている人々など、最も脆弱な立場の人々です。また現在は、新型コロナウイルスの流行や武力紛争、気候変動といった複合的な危機により、現代奴隷のリスクが高まっています。前回(2017年版)の推計と比べて、現代奴隷の状況に置かれている人は1,000万人近く増加しています。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2022年12月19日(月) 18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『データで読む地域再生 「強い県・強い市町村」の秘密を探る』(著:日本経済新聞社 地域報道センター )

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する(中央公論新社)
私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する(中央公論新社)

人は出会い、つながる。会社や友人関係、地域社会も、個人と個人が結びつきネットワークを作ることで成り立っている。それでは私たちはどのように他人とつながっているだろ...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top