次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

欧州委員会は、2021年6月30日、採卵鶏や母豚などのケージ飼いを段階的に禁止していく方針を発表しました。この方針は、欧州市民イニシアチブ(European Citizens' Initiative)の「ケージ時代を終わりにしよう(End the Cage Age)」キャンペーンによる、採卵鶏や母豚、子牛、雌鶏などのケージ飼育を禁止する法律を求める要請を受けて決められたものです。

欧州市民イニシアチブとは、EUの政策について、最低7カ国のEU加盟国から100万筆以上の署名を集めれば、欧州委員会に対して立法を提案することができる制度です。

今回、欧州市民イニシアチブ「ケージ時代を終わりにしよう」は、1年間にNGO170組織と協力し、28カ国のEU加盟国から140万筆の署名を集めました。この要請を受け、4月15日に欧州議会で公聴会を開かれ、6月10日には本会議で議論が行われました。

こうしたプロセスを経て、欧州委員会は、要請を受けた動物のケージ飼いを段階的に禁止していく法案を提出する方針を発表しました。この法案は、2027年にアニマルウェルフェア法の一部として施行されることを目指しており、2023年末までにケージ禁止までの移行期間も含めた法案が提出される計画です。

なお、EUでは2012年に採卵鶏のバタリーケージ(一羽あたりB5用紙サイズ程度のケージのこと)の使用が禁止されていますが、この決定が行われたのは1999年。禁止までに12年という十分な移行期間が設けられていました。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2021年8月26日(木) 
   18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『ふしぎな社会』
(著:橋爪大三郎)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

ふしぎな社会 (ちくま文庫)
ふしぎな社会 (ちくま文庫)

第一人者が納得した言葉だけを集めて磨きあげた社会学の手引き書。人間の真実をぐいぐい開き、若い読者に贈る小さな(しかし最高の)入門書です。 (amazon.co....

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top