次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

国連がファッション業界の環境コストにメス!ファッショナブルでいるためのコストは価格表以上

Image by Kris Atomic on Unsplash.
https://unsplash.com/photos/axyT3gifbSU

(国連より)

国連は、2019年3月、ファッション業界による環境と社会への悪影響を減らし、ファッションをSDGs達成への原動力として生かすことを目的に、10の異なる国連機関からなる「持続可能なファッションのための国連アライアンス(UN Alliance for Sustainable Fashion)」を設立しました。

国連貿易開発会議(UNCTD)によると、ファッション業界では、1年間に、500万人の需要を満たすことができる水が使われ、石油300万バレルに相当するマイクロファイバー(ナイロンやポリエステルが原料の合成繊維の一種)が海に捨てられています。炭素排出量は世界の8%にあたるなど、同業界は、世界で2番目に汚染を排出する業界とみなされています。

こうした悪影響は、業界の主流ビジネスモデルが「作る・買う・捨てる」の「ファスト・ファッション」であることに起因しています。国連環境計画(UNEP)のエリサ・トンダは、「従来のやり方で続けていれば、同業界からの温室効果ガス排出量は、2030年までに50%増大する」と述べています。

こうした中、ファッションの生産者や消費者の中から、「業界には変革が必要」との考えが広がってきました。リサイクルや「回収」プログラムなど、ビジネス戦略に持続可能性の原則を統合する企業や、ファスト・ファッションによる悪影響を強調するメッセージを効果的に拡散させているブロガーなど、社会的メディアの「影響力」も拡大しています。

UNEPは、こうした社会の動きと協働しながらも、「最終的に、ファッションを真に持続可能にする唯一の方法は、使い捨て文化を終わりにすることだ」としています。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2019年7月8日(月) 18:30~

会場:東京都内

●課題書図書
『田園回帰1%戦略:地元に人と仕事を取り戻す』(著:藤山 浩)

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

田園回帰1%戦略: 地元に人と仕事を取り戻す (農山漁村文化協会)
田園回帰1%戦略: 地元に人と仕事を取り戻す (農山漁村文化協会)

市町村消滅論が衝撃を与えるなか、「過疎」発祥の地・島根県の正反対のデータが注目されている。県の大半を占める中山間地域の3割以上のエリアで、この5年の間に4歳以下...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top