次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

バルバドスのエネルギー・水資源大臣、島のカーボンフリー化の手助けを協同組合部門に要請する

Photo by Scot Goodhart on Unsplash.
https://unsplash.com/@goody71

(COOP newsより)

カリブ海に浮かぶ島国バルバドスは、「化石燃料ゼロを2030年までに完全達成」という目標を掲げています。エネルギー・水資源大臣のウィルフレッド・エイブラハム氏は、協同組合連合運動(the Cooperatives Societies Movement)の会議で、「この島国には、再生可能エネルギーへの投資がもっと必要」と述べ、化石燃料ゼロに向けた取り組みを協同組合が支えるように要請したと、バルバドス・トゥデイ紙は伝えています。

「バルバドスでは化石燃料を燃やすのをやめる予定です。私たち、小島嶼開発途上国は、世界で最も温室効果ガスの排出が少ない国に属しながら、気候変動の影響を最も受けています。・・・(中略)・・・私たちにとって、再生可能エネルギーへの移行は、ただ便利というだけではなく、生活をかけた戦いなのです」と大臣は述べています。また再生可能エネルギーへの移行によって、国の経済の負担になっている外国産の石油やガスの購入という問題にも取り組むことができます。

そして大臣は、バルバドスの協同組合と信用組合に、投資によってこの移行をサポートすることを要請しました。協同組合のモデルでは、すべての組合員が投資家になるため、再生可能エネルギーのプロジェクトの利益を分かち合えます。協同組合のモデルによって、「自分は移行のプロセスに参加している」と人々が感じることで、バルバドスの人々はエネルギー移行に関与できます。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2020年1月27日(月) 
   18:30~
会場:東京都千代田区
●課題書
『行動経済学の使い方』(著:大竹文雄) 
定員:先着18名
過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

行動経済学の使い方 (岩波新書)
行動経済学の使い方 (岩波新書)

学ぶだけではもう足りない。研究と応用が進み、行動経済学はいまや「使う」段階に来ているのだ。本書では「ナッジ」の作り方を解説する。人間の行動特性をふまえ、自由な選...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top