次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

植物の種(たね)を保存してシェアできるオンラインスペース「グローバル・シード・ネットワーク」

Photo by Joshua Lanzarini on Unsplash
https://unsplash.com/@jlanzarini

(シェアラブルより)

気候変動が食料生産に及ぼす影響が顕著になっています。そのため農家や家庭菜園をする人は、これまで育ててきた植物と異なる新しいものを入手しなければならなくなっていることから、協力し合える柔軟かつオープンな場が世界中で求められています。

そのような中、米国の非営利組織「センター・フォー・フード・セーフティ」(Center for Food Safety)は、種(たね)を保存するさまざまな組織や個人(非営利組織、農家、家庭菜園家など)が、オンラインで種をシェアしたり、地域特有の気候に合った植物の種を見つけたりできる場として、「グローバル・シード・ネットワーク」(Global Seed Network)というオンラインスペースを設けています。

そのしくみは、リソースを共有することができるソーシャルメディアとほぼ同じ。種を保存してほかの人に分けたい利用者は、植物がよく育つ環境(強い太陽光を要するとか、ある種類の土でなければ育たないなど)について書き込みます。種を探している利用者は、気候、病気への耐性、植物種などを選択して検索し、生育環境に適した種を見つけることができ、ほしい種をリクエストすると、ほとんどの場合、無料で送ってもらえます(ときには郵送料を支払う必要がある場合もあります)。植物が確実によく育つための栽培方法を、種の送り手から教わることも多いようです。

健康的な食料に育つ種をシェアするために、人と人とをつなぐ「グローバル・シード・ネットワーク」の取り組みが、気候変動下での世界の食糧安全保障を高める一助になるかもしれません。

(佐々 とも)

※この記事は2019年9月にShareableに掲載されたCasey O'Brien氏の記事(The Global Seed Network coordinates seed savers worldwide)の要約です。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2019年10月30日(水) 18:30~

会場:東京都内

●課題書図書
『ファクトフルネス』(著:ハンス・ロスリング , オーラ・ロスリング , アンナ・ロスリング・ロンランド ) 

定員:先着16名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 (日経BP)
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 (日経BP)

ここ数十年間、わたしは何千もの人々に、貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる数多くの質問をしてきた医学生、大学教授、科学者、企業の役員、ジャーナリスト、...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top