次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

世界で一番幸せな国はフィンランド、日本は先進国で最下位に

「世界幸福度報告書2018」
http://worldhappiness.report/ed/2018/

2018年3月14日、国連は今年も「世界幸福度報告書」を発表しました。今回は世界で増加する移民について大きく取り上げています。また、経済成長しても幸福度が上昇していない米国の実状について分析しています。

同報告書は幸福の指標として六つの要素(所得、健康寿命、社会的支援、自由、信頼、寛容)において、人々がどれほど幸せに感じているかを調査するもの。ランキングの上位は、フィンランドをはじめ、依然として北欧諸国が占めています。日本はほかの先進国から引き離されて54位となりました。

世界の移民は1990年の1億5,300万人から2015年には2億4,400万人に増加しています。注目すべきことは、幸福な国に移住した人は幸福度が高く、幸福でない国に移住した人は幸福度が低くなっていることです。ですが、今後、受け入れ国に限界がくるのは明らかなため、出身諸国の生活が向上し、人々が幸せに暮らせる国づくりを支えていくことが喫緊であると報告書は指摘しています。

報告書では米国における「イースタリン・パラドックス」(所得が増えても幸福度は高くならないこと)の現象についても分析。米国では1972年以降、一人当たりのGDPが倍増する一方、幸福度が変わらず、むしろ低下している要因として、健康問題〔特に、肥満・薬の乱用(特にオピオイド依存)・うつ病〕を挙げ、幸福は政治と経済の問題であり、個人と地域社会の取り組みの積み重ねであると論じています。

(佐々とも)

英国が「孤独担当大臣」を新設

英国が「孤独担当大臣」を新設

2018.03.24
日本  世界
 
「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
「不都合な真実2 放置された地球」4月11日(水)Blue-ray & DVDリリース!

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:4月18日(水) 18:30~

会場:東京都中央区東日本橋

●課題書図書
『ブッタの幸福論』(著:アルボムッレ ・スマナサーラ)

定員:先着10名限定→20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

社会的連帯経済入門 みんなが幸せに生活できる経済システムとは(集広舎)
社会的連帯経済入門 みんなが幸せに生活できる経済システムとは(集広舎)

格差社会を乗り越える、新しい経済による可能性。社会的連帯経済は全世界で10億人が実践していると言われる。共産主義・資本主義・新自由主義・グローバリズムとは一線を...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top