次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(SEEDより)

米国カリフォルニア州ストックトン市では、全米初の市長主導による収入保証のベーシックインカム「ストックトン・エコノミック・エンパワーメント・デモンストレーション(SEED)」の実証実験が行われました。

前市長のマイケル・タブス氏が2019年2月に開始したSEEDは、ストックトン市の住民125名に24カ月間、月額500ドル(約5万4000円)を支給するもので、その使途は自由です。受給者は18歳以上、世帯の平均収入が約500万円以下の地域に住んでいることが条件です。

主な調査課題

  • 収入保証は収入の不安定さにどのように影響するか?

  • 収入の不安定さにおける変化は精神面での健康や精神面以外の状況にどのように影響するか?

  • 収入保証はその人の将来にどのような働きを生み出すか?

2021年3月、初年度(開始~2020年1月までのパンデミック以前の期間)の調査結果が発表されました。
主な結果

  • 給付金によって、家庭が直面している月々の収入の変動が減少した。

  • 受給者はフルタイムの雇用を見つけやすくなった。

  • 受給者は落ち込みや不安が減り健康的になり幸福感も強まった。

  • 給付金によって経済的不足が緩和され、自己決断や選択、目標設定、リスクを引き受けるための新たな機会が生み出された。

タブス氏は、「貧困は最大の課題。私たちが取り組む問題はどれもその貧困に端を発している」と語っています。だれでも経済的安定を受けるに値します。SEEDは、収入保証がそれを実現する1つの方法であることを証明しています。

(有光圭子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2021年6月28日(月) 
   18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『「利他」とは何か』
(伊藤 亜紗 (編), 中島 岳志 (著), 若松 英輔 (著), 國分 功一郎 (著), 磯崎 憲一郎 (著))

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

「利他」とは何か (集英社新書)
「利他」とは何か (集英社新書)

【コロナ時代。他者と共に生きる術とは?】 コロナ禍によって世界が危機に直面するなか、いかに他者と関わるのかが問題になっている。 そこで浮上するのが「利他」と...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top