イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ
次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

2022年版世界幸福度報告書:困難な時期でも明るい光を示す

World Happiness Report 2022
https://worldhappiness.report/ed/2022/

2022年3月18日、10回目となる「世界幸福度報告書」が、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」の支援で刊行されました。

この10年で、世界では幸福に対する社会的な関心が高まり、多くの政府が幸福を政策の最も重要な目的とみなすようになっています。OECDの働きかけで、今ではほぼすべての加盟国が毎年国民の幸福を測定しています。

こうした中、世界幸福度報告書によると、「人生に全般的にどの程度満足しているか」という質問への回答で測る幸福度ランキングは、フィンランドが5年連続の1位。2位デンマーク、3位アイスランドと北欧5カ国のすべてが上位8位に入り、パンデミックの2年間も多少の変動はあったものの、順位は安定しています。前回56位だった日本は54位でした。

報告書では、コロナ禍の辛い時期にあっても、フィンランドが1位を維持し続けている理由として、「フィンランドは困難な状況下での社会的支援が常に高い評価を得ている。そうした環境がコロナ禍においても重要な役割を果たしたのだろう」としています。

また、同書は「困難な時期の中の明るい光」も示しています。パンデミックは痛みや苦しみだけでなく、同時に社会的な支援や寄付の増加ももたらしました。困難と戦う中では、誰もが幸福を追い求めていること、そして大きな必要に迫られたときには助け合う力を人々は持っていることを思い出すことが大切だとしています。

(有光圭子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2022年5月18日(水) 
   18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『経営リーダーのための社会システム論』(著:宮台真司、野田智義)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

経営リーダーのための社会システム論 構造的問題と僕らの未来 (光文社)
経営リーダーのための社会システム論 構造的問題と僕らの未来 (光文社)

「安全、快適、便利」なのに、なぜ生きづらいのか? 社会学者・宮台真司と経営学者・野田智義が、大学院大学至善館で経営学修士課程の国際色豊かな社会人学生に行った講...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top