幸せ研ニュース

ホーム > 幸せ研ニュース > 読書会・セミナー > 【音声講座受付中】第100回「幸せと経済と社会について考える読書会」 『レジリエンスとは何か』『レジリエンス』を読む

2020.08.25
定例読書会
現在募集中
音声講座

【音声講座受付中】第100回「幸せと経済と社会について考える読書会」

『レジリエンスとは何か』『レジリエンス』を読む

20200828.JPG【第100回】

日 時:2020年8月28日(金)

課題書:『レジリエンスとは何か』(著:枝廣淳子)

『レジリエンス』(編集:ハーバード・ビジネス・レビュー)

 


本読書会は音声と資料をご自身のパソコンにダウンロードしていただくことが可能です。

いつでもどこでも、ご自身のペースに応じて学んでみませんか。

ご希望の際は事務局までお申し込みください。


2011年6月よりスタートしました「幸せと経済と社会について考える読書会」も、
今回で100回目を迎えます! とてもうれしく思っています。
この9年間を振り返ると、人口減少、定常経済、幸福度、東洋思想、AI・IT、日本の歴史などさまざまな観点から、
ほんとうに幸せで持続可能な社会の実現にむけて、みなさんと毎月一緒に勉強し、議論してきました。
読書会で話した内容がその後に現実のものとなったり、または新たな展開を迎えたものもありました。

さて、節目となるこの100回目の読書会では、先の見えない今の状況だからこそ、
「レジリエンス」についてみなさんと考えてみたいと思っております。

課題書には、私が執筆した『レジリエンスとは何か』と、
ハーバード・ビジネス・レビューの『レジリエンス』を取り上げ、レジリエンスの基本的な考え方を学んだ上で、
世界の研究者が示している組織や働く人の「レジリエンス」の考え方についても学びを深めていきます。

次の100回へのスタートの読書会、ますますレジリエンスが必要とされる時代に向けて、しっかり学び、考えていきましょう!

講師

枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長、大学院大学至善館教授)

 

本読書会はSDGsプランニングチーム「POZI」(株式会社東急エージェンシー内)との共催で開催しました

 

読書会参加者にいただいたコメント 

初めて参加しましたが、聞くだけでなく、参加者間の交流も図りながら、学んだ内容を消化していくこの読書会の進め方はとても楽しく、有益な時間でした。また、参加します。今日はありがとうございました。これからも長く続けてください。

レジリエンスは、今、自分がもっとも身につけたいものなので、もう一度振り返り、今日の話を自分事にしていきたいと思います。

【自分】【地域】のレジリエンスは割と意識していましたが、【まわり・組織】のレジリエンスを見落としてきていました。組織のレジリエンスを高めるために、組織内で「緊密なフィードバック」するための力をつけていきたいと思います。

自律・自立と外とのアクセスと両方持つように政策で誘導できるか、すべきか、考えていきたい

お申し込みについて

■受講料

3,000円(税別)

■お送りするもの
・音声(MP3)
・講義資料(PDF)

※いずれもメールでダウンロードのご案内をさせていただきますので、インターネット環境をご準備ください。郵送でのお届けはございません。

■お申し込み方法
下記の項目をお書き添えのうえ、Inquiry@ishes.org まで、メールでご送信ください。

受付確認後、お振り込み口座をお知らせいたします。
入金確認をさせていただきましたら、ダウンロードのご案内をさせていただきます。
-----------------------------------------------
件名:第○回読書会の音声受講を申込みます
お名前:
メールアドレス:
お電話番号:
※学生受講の有無
-----------------------------------------------
【備考】
※お申し込み後、一週間たちましても返信が届かない場合は、インターネットの送受信にトラブルがあることも考えられますので、ご一報いただきますようお願い申し上げます。

 

これまで開催した読書会

こちらをご覧ください

 

お問い合わせ

幸せ経済社会研究所 (有限会社イーズ内)
Tel: 03-5846-9841  Fax: 03-5846-9665
E-mail: Inquiry@ishes.org

新着ニュース一覧

Page Top