次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(Global Challenges Foundationより)

人類を脅かす危機について問題意識を喚起するスイスの財団Global Challenges Foundationは、世界的な破滅的危機に関する2016年版の報告書を発表しました。

この報告書では「世界的な破滅的危機」を、世界人口のおよそ10%が死に至るような事象・過程の危機であると定義し、こうした危機がとてつもない規模であり、現在地球上に暮らす人々だけでなく将来世代をも脅かすものであるにもかかわらず、十分な関心が払われていないと指摘しています。

こうした破滅的危機は「いつ起こるかもしれない、今そこにある危機」と「将来的に起こる可能性の高い、出現しつつある危機」の2つのカテゴリーに分けられ、「今そこにある危機」では世界的なパンデミックや核戦争が、一方「出現しつつある危機」では破壊的な気候変動やバイオテクノロジー・AI(人工知能)などの新たなテクノロジーによって引き起こされるこれまでに例のない危機が最も重大なものとして挙げられています。

報告書は、これらの危機を回避・軽減する対策についても考察しています。例えば、パンデミックではワクチン生産施設を世界中に分布させるなど途上国が最悪の事態に対応できるようにする、また気候変動では引き続き各国が炭素税など排出量削減のためのメカニズムを改善し実施することなどです。また、代替食料を開発するなど世界的大惨事から回復するための戦略や技術に焦点を当て、将来世代の利益を意思決定の枠組みに取り込むことなどが、すべての危機に共通する対応策として提案されています。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

参加者受付中】  
日時:5月10日(水)18:30〜21:00
会場:東京都渋谷区道玄坂

●課題図書
『サーキュラー・エコノミー デジタル時代の成長戦略』

 

POZI

ビジネスアイデアを、社会のために。
ソーシャル・プランニング・ユニット「POZI」

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

Happiness 幸福の探求―人生で最も大切な技術
Happiness 幸福の探求―人生で最も大切な技術

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)マチウ・リカール 1946年フランス生まれ。チベット仏教僧。パストゥール研究所のノーベル医学賞受賞者フランソワ・ジャコ...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー

Page Top