次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

2016年3月に発表された『Journal of Social Change』誌に、Justine Braby氏らによる論文「市民の幸福(wellbeing)とGDP――ナミビアの成功と発展をより適切に測定するために(Citizen Wellbeing and GDP: Toward More Appropriate Measures of Namibia's Success and Progress)」が掲載されました。幸せ経済社会研究所は、今年(2016年)、Braby氏らの研究をサポートしています。

ナミビア政府は、2030年までの産業化を目指していますが、その発展は持続可能で、市民の幸福(wellbeing)に向けたものとしています。

こうした状況を受けて、Braby氏らの研究グループは、ブータンの国民総幸福調査などを元にして調査票を作成し、2012年に5つのコミュニティ、600名を対象とした調査を行いました(有効回答数417)。

調査では、心の状態、コミュニティの強さ、物質的な幸福(wellbeing)など9つの領域が設定されました。また、それを超えると「充足している」とされる閾値がそれぞれに割り当てられました。

調査の結果、全体では充足域に達している割合は45.92%でした。また、全体的には充足(幸福)と収入との間には相関がみられましたが、Okuryangava地域は例外でした。この地域は、調査対象地域の中で2番目に貧しいにも関わらず、充足域に達している割合が51.74%と最も高かったのです。この理由としては、高齢者が多いために、住民は少ない自由でも満足し、恐らくは多くを期待していないことなどがあげられています。

またBraby氏らは、これから、この結果を調査地域にフィードバックし、どのようにコミュニティを改良できるのかを議論する予定です。このために、幸せ経済社会研究所が援助した資金が使われることになっています。

(新津尚子)


レジリエンス向上委員会 いま日本で最も必要とされてされていること。

「定常経済」を考える supported by 公益財団法人 旭硝子財団

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!

幸せ経済社会研究所主宰「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>
ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

◆著者紹介 リンダ・グラットン(Lynda Gratton) ロンドン・ビジネススクール教授。 経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネ...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

e's イーズ 未来共創フォーラム

Page Top