次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

企業や政府に環境影響情報を提供する英国の非政府組織CDPは、2024年3月、報告書『供給源での責任:サプライチェーン全体での水に関する取り組みの推進​​』を発表しました。この報告書は、世界の大企業3,163社への調査結果を元にしたものです。

現在、食料やエネルギーなどへの需要を満たす必要から、水資源への負担が増えています。国連によれば、世界の水需要は2050年までに最大30%増加します。この影響を、世界のサプライチェーンは直に受けます。

本調査では50%(1,542社)が、「サプライチェーンにおける水リスクの問題に向かい合っている」と回答しました。具体的には、サプライヤーとの契約に水に関する要求事項を盛り込む、水に関するデータを収集するなどです。多くの企業が水リスクを考慮していることがわかります。

さらに、623社は、実質的な財務的・戦略的影響を与えかねないサプライチェーンリスクに直面しています。これらのリスクは金額にして、総額770億米ドルに上ると推定されます。79社は、緊急の水不足、洪水、規制、風評リスクにより、総額70億米ドルが差し迫ったリスクに直面しています。

すでに取り組みを進めている企業もあります。14%(443社)は、サプライ・チェーンの水管理を改善するためのインセンティブを取締役会を含めた幹部層に提供しています。調達・購買責任者に金銭的インセンティブを提供している企業も4%(118社)あります。日本企業の花王株式会社もこの中に含まれています。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう!

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2024年6月18日(火) 18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『レスポンシブル・カンパニーの未来』(著:ヴィンセント・スタンリー、イヴァン・シュイナード)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

レジリエンスの時代 再野生化する地球で、人類が生き抜くための大転換
レジリエンスの時代 再野生化する地球で、人類が生き抜くための大転換

再野生化する地球で、人類が生き抜くためには、経済・政治・社会の大転換が必要だ。地球を人類に適応させる「進歩の時代」から人類が地球に適応し、自然界と共存する「レジ...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top