世界・日本の幸せニュース

ホーム > 世界・日本の幸せニュース > 世界の幸せニュース

世界の幸せニュース

416件(20件ずつ表示)
相互扶助基金の立ち上げ方
日本 世界

2020.11.09

相互扶助基金の立ち上げ方

(シェアラブルより) 米国セントルイス市で、この3月、活動家たちの小さなグループがセントルイス相互扶助基金を設立しました。 パンデミックによる経済損失で、米国ではおよそ3千万のアメリカ人が職を失い、迅...

米国で続くリモート学習、子供の窮状を救う民間サービス
日本 世界

2020.11.06

米国で続くリモート学習、子供の窮状を救う民間サービス

米国の学校は秋から新学年を迎えましたが、新型コロナの影響で小中高のおよそ半数の生徒がリモート学習・オンライン授業を受けざるをえないと言われています。子供たちは友だちにも会えず、家にこもりっきりの生活。...

幸せの国デンマークに「幸せ博物館」がオープン
日本 世界

2020.11.02

幸せの国デンマークに「幸せ博物館」がオープン

2020年版の国連『世界幸福度報告』で2位にランキングするなど、幸せの国として知られているデンマーク。その首都コペンハーゲンに、2020年7月「幸せ博物館」がオープンしました。 この博物館はデンマーク...

米国:コロナ禍で親たちの間で関心高まる「学習ポッド」
日本 世界

2020.10.19

米国:コロナ禍で親たちの間で関心高まる「学習ポッド」

新型コロナウイルス感染拡大を受け、「子どもたちに健康や安全面で安心して学び交流できる教育環境がほしい」と願う親たちが増えています。米国では、そのような親たちの間で、「学習ポッド」への関心が高まっていま...

ドイツで無条件ベーシックインカムの実証実験が始まる
日本 世界

2020.10.13

ドイツで無条件ベーシックインカムの実証実験が始まる

(DIW Berlinより) ドイツは2020年8月中旬より、初の無条件ベーシックインカム(UBI)実証実験:「私たちは知りたい」を開始しました。この実験はドイツ経済調査研究所(DIW Berlin)...

ユニセフ、子どもの幸福についての報告書を発表:日本は生活満足度や社会的スキルに課題
日本 世界

2020.10.09

ユニセフ、子どもの幸福についての報告書を発表:日本は生活満足度や社会的スキルに課題

(国連児童基金より) イタリア、フィレンツェ/米国、ニューヨーク発―国連児童基金(ユニセフ)は2020年9月、『子どもたちに影響する世界:先進国の子どもの幸福度を形作るものは何か』を発表しました。 こ...

コミュニティづくりの拠点となる「レジリエンス・スペース」
日本 世界

2020.10.05

コミュニティづくりの拠点となる「レジリエンス・スペース」

(シェアラブルより) 米国カリフォルニア州オークランドの一地区に、「カンティクル農園」という名のコミュニティ・ガーデンがあります。2010年にできたこの農園は、近隣住民による野菜や果物、薬草の栽培から...

日本:SDGs達成状況は17位と後退、コロナ対応では6位―2020年版SDGsインデックス&ダッシュボード
日本 世界

2020.10.01

日本:SDGs達成状況は17位と後退、コロナ対応では6位―2020年版SDGsインデックス&ダッシュボード

持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団は2020年6月30日、各国の持続可能な開発目標(SDGs)達成状況に加え、新型コロナウイルス対応に焦点を当てた2020年度版「...

米バーモント州:生ごみをゴミ箱に捨てることを法律で禁止する
日本 世界

2020.09.12

米バーモント州:生ごみをゴミ箱に捨てることを法律で禁止する

(バーモント州政府より) 米国バーモント州は州のリサイクル法(ACT148)により、2020年7月1日から生ごみをごみ箱に捨てることを禁止しました。対象となる生ごみは、野菜や果物の皮や種、卵の殻、コー...

住宅改修計画は、雇用創出と二酸化炭素排出削減を後押し:ニューエコノミクス財団による試算
日本 世界

2020.09.08

住宅改修計画は、雇用創出と二酸化炭素排出削減を後押し:ニューエコノミクス財団による試算

「870万戸の住宅を2023年度までに改修することで、50万以上の雇用が創出され、家庭の二酸化炭素排出は21%減ると見込まれる」ーーこのような試算が、2020年7月7日に、英国のニューエコノミクス財団...

急成長の「代替たんぱく質食品」、健康や環境面でさらなる改善が期待される
日本 世界

2020.09.02

急成長の「代替たんぱく質食品」、健康や環境面でさらなる改善が期待される

家畜伝染病や二酸化炭素排出の問題解決の鍵として、代替たんぱく質食品が注目されています。英国の畜産関連の投資家イニシアチブ「FAIRR(the Farm Animal Investment Risk &...

UNDP:世界の最貧困層を守るための臨時ベーシックインカム、新型コロナウィルス感染者数の急増を抑える可能性も
日本 世界

2020.08.21

UNDP:世界の最貧困層を守るための臨時ベーシックインカム、新型コロナウィルス感染者数の急増を抑える可能性も

(国連開発計画より) (ニューヨーク発)国連開発計画(UNDP)は2020年7月23日、世界中の最貧困層へ臨時ベーシックインカムを直ちに導入することで、約30億人が外出せずに済み、現在の新型コロナウィ...

シード・ライブラリー:パンデミックでのコミュニティ食料事情を手助け
日本 世界

2020.08.04

シード・ライブラリー:パンデミックでのコミュニティ食料事情を手助け

カリフォルニア州サンディエゴ市に位置するオーシャン・ビーチ・ライブラリーにはシード・ライブラリーが併設されています。 同シード・ライブラリーは、ライブラリーアシスタントのデスティニ・リベラ氏によるコミ...

コロナ禍、協同組合型プラットフォームがミュージシャンを支援する
日本 世界

2020.07.27

コロナ禍、協同組合型プラットフォームがミュージシャンを支援する

(シェアラブルより) 米国でコロナウイルス感染拡大を防止するために布かれた外出禁止令は、音楽業界にも経済的打撃を与えています。ライブハウスなどの閉鎖や、生計を立てるために働いていたレストランやバーの休...

米国:「最低限収入を!」収入保証制度を推進する市長の会発足
日本 世界

2020.07.22

米国:「最低限収入を!」収入保証制度を推進する市長の会発足

(Mayors for a Guaranteed Incomeより) 誰もが最低限の収入を得られる収入保証制度を地方自治体、州、国レベルで整備するよう求め推進する全米市長のネットワーク組織「Mayor...

世界のケンタッキーフライドチキン、ヴィーガンメニューの導入に向けて加速中
日本 世界

2020.07.16

世界のケンタッキーフライドチキン、ヴィーガンメニューの導入に向けて加速中

世界各地のケンタッキーフライドチキン(KFC)で、ヴィーガンメニューの導入に向けた動きが加速しています。 北米では、実験的な販売が昨年から活発に行われています。米国ジョージア州アトランタの店舗では20...

2020年の「地球の自然予算を使い果たす日(アース・オーバーシュート・デー)」は8月22日:昨年より3週間遅い
日本 世界

2020.07.09

2020年の「地球の自然予算を使い果たす日(アース・オーバーシュート・デー)」は8月22日:昨年より3週間遅い

米国カリフォルニア州オークランド発―2020年6月5日、グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)は、今年のアース・オーバーシュート・デー*を昨年より3週間遅い8月22日と発表しました。 今年...

I was a Sari:作り手の女性の人生もアップサイクルする社会課題解決型ファッションブランド
日本 世界

2020.07.02

I was a Sari:作り手の女性の人生もアップサイクルする社会課題解決型ファッションブランド

(I was a Sariより) 利益幅が最優先されるファッション業界で、女性のエンパワーメントを理念に環境的・倫理的なアプローチをとる社会課題解決型のファッションブランドがあります。インドの「I w...

CO2排出量、新型コロナによる制限で大幅に減少
日本 世界

2020.06.28

CO2排出量、新型コロナによる制限で大幅に減少

新型コロナウイルス対策で経済社会活動が制限され、世界のCO2排出量が劇的に減少しています。今年のCO2排出量は、リーマン・ショック後の景気後退による減少を大きく上回ると予想されます。 英科学誌「ネイチ...

国連開発計画「新型コロナウイルスの影響で、人間開発指数は初めて後退」
日本 世界

2020.06.24

国連開発計画「新型コロナウイルスの影響で、人間開発指数は初めて後退」

(国連開発計画より) 国連開発計画(UNDP)は2020年5月20日、報告書『新型コロナウイルスと人間開発(COVID-19 and Human Development)』を公表し、新型コロナウイルス...


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Page Top